計算の甘さによって思わぬ損が生じている事例が目立つ

計算の甘さによって思わぬ損が生じている事例が目立つ

計算の甘さによって思わぬ損が生じている事例が目立つ

 

私は一時期、FXのトレードをしている方々の失敗例を、色々と読んでみた事があります。FXの情報サイトなどでは、他の方々の経験談なども見る事ができる訳ですが、その中には失敗例なども含まれている訳ですね。ところでその失敗例を色々と読みますと、1つの共通点が見えてくる事が多いです。計算不足が原因になっている事例が、意外と多く見られるのですね。

 

例えばある方などは、ある時にFXで建玉を保有しました。そしてその方は、ほとんど何も考えずに玉を保有していたのです。その方は、万が一の事を全く計算していなかったのですね。仮に何か大きな動きが生じても、多分問題ないだろうとの考えになっていたのですね。ところがある時に、FXで大きな動きが生じてしまいました。それでその方は予想外の状況になってしまい、かなり狼狽していたようですね。最終的には、大きな損失が発生してしまっています。

 

また別の方の場合は、一応は計算をしています。しかしその計算が、少々楽観的すぎる事例も見られるのですね。自分なりに計算はしているものの、自分の都合の良い算出結果になっている方も見られます。そのような方が売買をしている時に限って、思わぬ損が生じている事例も案外多いですね。上記のように計算の甘さなどによって、FXで大きな損が生じている事例は大変多いです。後者の方の場合は、計算をしているという意味では、前者の方よりは良い方法で売買をしていると思います。しかしその計算に甘さがあるので、やはり大きな損が生じているのでしょう。

 

このような事例が多く見られる事を考えれば、やはりこの金融商品では計算を入念に行う事が大切ですね。できれば表計算ソフトなどを使って、後々の事をできるだけ厳しくシミュレーションしておくのが良いでしょう。それだけでも、あとになって利益が発生する確率も高まると思います。正直、計算をするのはかなり大変です。時にはかなりの時間を要する事も多いからです。ですが後々になって大きな損が生じると、もっと大変な事になります。それよりは、やはり用意周到に計算をしておく方が良いでしょう。