FX1000通貨から始める投資家生活

1000通貨単位での取引コスト

FX1000通貨から始める投資家生活

 

以前は1000通貨単位で取引できるFX業者があまりありませんでした。1000通貨単位で取引ができればリスク管理を細かく行えますから、色々な可能性が出てきます。1万通貨単位での取引しかないサービスであれば、取引に必要な証拠金の金額は大きいですから、それなりに準備が必要です。余裕を見て準備するのなら、最低でも10万円は必要でしょう。

 

1万通貨単位での取引では、手数料が無料となっているところがほとんどです。1000通貨単位では手数料がかかることもあります。かつては、1000通貨単位ではたいてい手数料が要求されたのですが、現在のところは無料のところが増えてきています。しかし、手数料が無料になると、取引業者は儲けにくくなります。そのため、別のところで取引コストがかかっていると考えた方が良いです。

 

具体的にはスプレッドがあります。1万通貨単位で取引する場合のスプレッドと、1000通貨単位で取引する場合のスプレッドが異なる業者はたくさんあります。もちろんですが、1000通貨単位で取引をするときの方が、スプレッドは広くて不利になることが多いです。このあたりもきちんとチェックした上でFX業者を選ばなければなりません。スプレッド以外にも、スワップポイントが不利になっていることもあります。単位が小さいために、端数が切り下げられると不利になるケースがあります。これは仕方のないことでしょう。意図的に不利にしていると言うことも考えられます。これも手数料が無料であることの裏返しだと考えられます。

 

現在では1万通貨の取引とあまり違わないように見えるものが多いですが、実際には色々な面でコストはかかっていると考えておいた方が良いです。そして、1万通貨の取引よりもコストは高いと考えられます。スプレッドやスワップポイントなどについてもきちんと比較した上で、取引コストが有利なのかどうかを判断してFX業者を選ぶことが必要です。

 

 

FX少額取引のメリット

FX1000通貨から始める投資家生活

 

FX取引は証拠金を預けることで、その数倍から数十倍のお金を動かして外国の通貨の売買を行う金融取引のひとつです。この数倍から数十倍にすることをレバレッジといいます。通常の外貨取引では利益を得るためには手数料の関係で大量の資金が必要になりますが、FX取引では手数料がほかの金融商品よりも低く設定されており、また少ない資金での参加が可能です。また信用取引の一種になりますが、口座開設のハードルも低いといったメリットがあります。

 

FX取引では購入できる通貨の単位が決まっており、主流となっているのが10,000通貨単位です。この場合には、最小通貨が1ドルであった場合には10,000ドル分の通貨が最小の取引単位になります。一方で、日本では証拠金に掛けるレバレッジは最大25倍に制限されています。そのため、1ドルが120円であった場合には1万ドル分である120万円が必要になり、レバレッジが25倍とした場合には最低でも4万8千円が必要になります。なお、この10,000通貨単位は1Lotと表現されており、FX取引での最小単位となっていました。

 

しかし、近年はFX少額取引を行っている業者も多くなってきています。FX少額取引では、通貨単位がさらに少なく1000通貨単位から利用することができるものです。つまり、必要とする費用が10分の1で済むというもので、5千円程度から取引に参加することが可能です。FX少額取引のメリットとしては、参加のハードルが低いという点で、そのほかは通常のFX取引となんら変わらない取引を行うことができます。

 

また1000通貨単位であってもLotの表現が行われ、0.1Lotと表示されます。このため、1Lotに対して小数点第一位までの取引が可能になります。1000通貨単位で取引できるメリットとしては、あと数千円足りないといったさいにも保有する証拠金一杯まで通貨を購入することができる点です。そのため柔軟性のある取引を行うことができます。

 

 

SBIFXトレードで短期売買をする魅力とは

FX1000通貨から始める投資家生活

 

SBIFXトレードは、SBIグループの中のFX業者の一つです。FXといえば、やはり短期売買をメインに取引する人が多いのではないでしょうか。長期なのか短期なのかというのはそれぞれの感覚で異なりますが、株式や債券での投資が数年から数十年にわたるものだと言うことを考えれば、長くても数ヶ月くらいでポジションを決済するFXはどちらかというと短期でしょう。

 

短期での取引と言っても色々なものがあって、数秒から数分でポジションを閉じてしまうスキャルピングもあれば、日をまたいでポジションを持たないというデイトレードもあります。色々なものがあるのですが、短期売買をするときに共通していることは、取引回数が増えがちだと言うことです。

 

為替レートの変動幅は、平均的に時間の増加関数であることは論を待ちません。1日で動く可能性のある幅と、1時間で動く可能性のある幅を比較すれば、どちらが大きいかは誰にでも分かることでしょう。短期になれば、1回の値幅が小さいですから、当然のことながら1回の利益も小さくなるのが普通です。そこそこ稼ぐためにはトレーディング回数を増やさざるを得ないということは、おそらく多くの人に分かってもらえることでしょう。

 

取引にかかるコストはいくつかありますが、そのうち、スプレッドは1回ごとの取引にかかるコストです。ですから、スプレッドが広いと、コスト分の損失が発生してしまうこともあります。SBIFXトレードが短期売買に適している理由は、スプレッドがかなり狭いからだと言えるでしょう。ドル/円で比較すると分かりやすいでしょう。ドル/円では0.27となっています。他の取引会社と比較してみれば分かることですが、これは業界でも最低水準です。

 

他にも色々なメリットがありますが、総括して言えば短期売買をする人にとってSBIFXトレードは適しています。もちろんですが、長期的な取引にも使うことができますが、短期売買に適した業者を探しているのならSBIFXトレードを試してみてはいかがでしょうか。

早めにFXの口座を作成しておくべき理由と投資チャンス

 

投資関連の商品を利用する場合は、もちろん口座の作成が必要になります。そして、それはできるだけ早めに作っておく方が良いと思うのですね。なぜならチャンスを逃してしまう確率が減少するからです。そもそも投資というのは、何回かチャンスがやってきます。思えば数年前に、リーマンショックがありましたね。あれはある意味大チャンスだったのです。多くの方々は、あのショックに対してネガティブなイメージを描いています。実際確かに多くの日本の企業には、ちょっと大きな痛手だったようですね。

 

しかしFXを活用すれば、また話は別です。あのショックの時には多くの外貨が下落していた訳ですから、少なくとも売り玉を保有していれバ、あのタイミングで莫大な利益が発生していたはずなのです。ですので、あれはやはりチャンスだったと思います。それだけでなく、ここ最近のクロス円の相場も同様ですね。最近は円安の状況がしばらく継続しているのですが、やはりここはチャンスと言えるでしょう。円安になっている時には、もちろん買い玉を保有するのが良いのですね。

 

ところでそのような局面で、所定の口座が有るどうかが大きなポイントになるのです。口座さえ保有していれば、このタイミングにて大きな利益が生じる可能性があるでしょう。逆にこのタイミングで口座を保有していないと、売買のチャンスを逃してしまいかねません。それは少々勿体ないでしょう。ですので、やはり口座はできるだけ早めに作っておく方が良いのです。日本の金融会社で口座を作るとなると、最低でも翌営業日になります。その1日だけでチャンスを逃してしまう可能性も大いにある訳ですが、すでに口座を持っていればチャンスを逃す事もないでしょう。

 

できれば、今すぐにそれを作っておく方が良いと思いますね。口座を作る分には何もデメリットがありませんし、むしろメリットの方が大きいと思います。キャンペーンなどで利益が生じる事も考えれば、やはり口座は早めに作っておくべきだと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/20 10:43:20

ドル円相場に125円近辺に壁はあるのか?

 

FXをしていると、ドル円相場に壁があるのではないか、と感じられる方は多いと思います。たとえば、今年4月に120円を達成したあと115円まで押し目を形成をしました。今回も125円までいったあと急落をしています。現在はギリシャ問題等によってマーケットがこう着状態にありますが125円以上の円安にはなんだか抵抗をしているように感じる方は多いと思います。

 

この問題に対して私は「壁」はあるとお答えをしています。最近はデイトレードのような短期間の商いが増えてドル円相場が長い間のチャートを見ない方が増えています。また、長い間のチャートはこのIT革命が始まったのが西暦で2000年前後になりますので、1973年の固定相場廃止から変動相場に移行した歴史を知らない方は多くいらっしゃいます。ここ数年円安方向に為替相場が振れていますが、実は終戦後から日本のドル円相場は一方的な円高相場と言っても過言ではありません。

 

終戦後1ドル360円から相場がスタートしたのはみなさん学校で習ってご存じだと思います。その後、ニクソンショックを経て316円、308円と固定相場が円高方向に行き始め、1973年に完全に変動相場に移行をしました。そこからずっと円高傾向にあります。つまり、戦後、今年は70年らしいですがずっと為替相場は円高傾向なのです。今回のアベノミクスでの円安の期間が約2年半になりますから、円安と最近になってFXを始めた方は認識をしているでしょうが、実はずっと円高なのです。

 

70年のうちの2年半の円安などは正直いって相場用語では「戻り」といって円高のあや戻しというような表現になります。過去にも小渕内閣時代に大規模な金融緩和によって円安になったことがあります。その辺で当時の大蔵財務官の榊原英資氏が円安介入を行い、92円の超円高から一気に147円まで円安にもっていった時代もあります。

 

その92円から円安になったときに円安が目先を打った時期があります。それが125円近辺になるのです。テクニカル派はここで頭を過去に何度も打っているのでここを目標に玉を仕込むのです。また、125円近辺で頭を売って、118円まで調整をしたときがありますが、そのときの値段を意識して120円で跳ね返されているのです。ですからこの118円から127円近辺には世界の投資家が意識をしている値段なのでなかなか円安に行かないのです。

 

続きを読む≫ 2015/07/22 07:17:22

子育てに対するイライラは、だれにでもある!

 

皆さん子育てはどうでしょうか?私は今は一段落しましたが、小さい時は、大変でした。学年は、2つ離れますが、今思えば懐かしいですね。私は、幼稚園の私立に行かす余裕がなかったので、2年保育の幼稚園に行かせましたが、とても良い幼稚園だったし、子供たちにもよかったです。あれだけ関われることができて、大変な分今は、楽になりました。まだ、子育て途中なので、はっきりは言えませんが、絆が違う感じがします。

 

皆さんははやくから、私立幼稚園にFXされますが、子供自身、子育てに今FXする人が少ないですね。子育ての時間こそが子供の心を育んでいくんだと思います。お勉強の時代かもしれませんが、心を養ってあげれるのは、小さい時期がとても大切です。英語は、本人のやる気で大人になってもします。小さい時から勉強より、心ではないでしょうか?話しがかわりますが、皆さん一人目から二人目産まれてから、イライラするなぁと感じませんでしたか?もしかして、私だけとか思っていませんか?大丈夫ですよ。

 

貴方だけではありませんよ。人間だものイライラだってします。これは、旦那にはまったくわからない領域ですよね?うちの旦那は、当たられてといいますが、男は、子育てにどれだけするの?少しかじるくらいだから、楽ですよね?奥さんは大変ですよ。それに加えて仕事されてる方から、近所付き合いから色々人間関係バタバタですよね?近所の奥さん方も腹黒い人がいるから、厄介でイライラつのりますよね?女ってなんでこんなに大変なんだろう。嫁さんは家庭にFXですね。子供に尽くした分絶対に返ってきますっていうのが、いい子に育ちますよ。

 

人想いの優しい人に、でも、親がめんどくさいと思ってしまえば、それは子供に伝わります。自分の子どもをどれだけ愛するかですが、完璧な人間いません。親のエゴは押し付けないようにした方がいいですね。躾でガンジガラメもよくないでしょうね。まず、親はどうなのか?ということですね。自分たちは、ちゃんとしていたのか?ですよね?自分の夢を子供に押し付けないで下さいね。子育てに答えはありませんが。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:17:22

FXの会社をアプリが起動するスピードで選ぶ

 

投資商品では、しばしばスピードが重視されます。特に外貨を用いる商品などでは、スピードが要求される事も非常に多いのです。状況によっては、反射神経が求められる事もあります。FXなどは、その傾向が特に顕著ですね。例えばアメリカの経済指標が発表されているタイミングです。あの時は、かなりのスピードで外貨が変動します。1秒も経過しない内に外貨の金額が大きく変動するので、スピードが求められるケースも珍しくありません。わずか1秒のクリックの差でも損益に大きく関わってくるからです。

 

それだけに、金融会社の注文システムの早さなどはとても大切なのですね。基本的には、スピーディーな売買ができる金融会社が好ましいでしょう。売買が成立するまでに時間がかかってしまう金融会社よりは、やはりサクサクと注文する事ができる会社の方が好ましいですね。ところで以前に私は、スマホで売買を行っている方から興味深い話を聞いた事があります。その方もその外貨の投資商品で注文を行っているのですが、普段からスマホで注文をしているのですね。なかなかパソコンの前に座る時間を確保する事ができないので、かえってモバイル媒体の方がやりやすいのだそうです。

 

そしてその方は、そのスマホのアプリに大きな魅力を感じていらっしゃいます。そのアプリは、起動スピードが非常に早いようなのですね。タップをしてから起動するまでの時間は、1分もかからないようです。それでサクサクとした売買をする事ができるので、とても使いやすいと感じていらっしゃいました。その起動スピードは、やはり大切だと考えます。特に経済指標を控えているようなタイミングでは、やはりそのスピードが早いに越した事は無いでしょう。急いで売買を行いたい訳ですから、起動スピードに時間がかかってしまうと、FXのチャンスを逃してしまう可能性もあるからです。

 

ですのでFXの会社を選ぶ基準の1つは、アプリの起動スピードだと思います。速やかな起動ができる会社であれば、ストレス無く注文ができるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:16:22